下取りと買取のどちらが車を高く売ることが出来るのか

下取りと買取のどちらが車を高く売ることが出来るの?

 

下取りと買取のどちらが車を高く売ることが出来るの?

 

車を売ることを考えたことのある方は「下取り」や「買取り」といった言葉を聞いたことがあると思います。一見どちらも似たような言葉ですが両者には決定的な違いがあります。「下取り」がディーラー主導で行われるものであり、「買取り」は中古車取扱店が独自の基準で査定して買取り価格を算出し、場合によっては他店とせりあって利用者の車を買取る仕組みのことを言います。

 

ディーラーによる下取りの場合はJAAI(日本自動車査定協会)が発行するイエローブックに掲載されている価格を基にして、車の買い替えにあたっての新車販売価格などを加味し車の下取り価格が算出されます。もっとも通常の見積書では車の下取り価格というのは新車の値引き価格などと合算されて出されることが多く、実際の下取り金額が分かりにくくされており、ディーラーは下取りした車をカーオークションに出品することで利益をあげていることが多いです。

 

その時の利益金額は実は新車販売の利益よりも大きいと言われています。つまり、車を安く下取って高く売るのが目的である都合上、どうしても車の下取り価格は安くなりがちなのです。車種購入にあたっての値引きは車の下取りが前提となっていることも多く、金額やディーラーとの交渉次第ですが、基本的には別途中古車取扱店へ「買取」に出した方が査定額は高い金額になるケースが多いです。なので、まずディーラーで下取りの見積りを出してもらう前に、中古車一括査定サイトで複数の買取店での買取価格の見積りを出して、それからディーラーの下取りと比較してみるのが賢く愛車を売り方法になるでしょう。

 

かんたん車査定ガイドなら大手買取店も多数参加しているので、高価買取も期待出来ます。利用は完全無料ですし、必ず売却しなくてはいけないサービスではありませんので、とても便利なサービスですよね。
⇒かんたん車査定ガイドでRAV4の買取査定価格を調べてみる(無料)